医療脱毛で使われる 知っておきたいレーザーの種類

うさぎくん
うさぎくん
医療脱毛ってどういう機械を使ってどうやるの?
かめくん
かめくん
数種類のレーザーを部位に合わせて使用するよ。

主に使われるのは、「ライトシェア・デュエット」「メディオスター」「ジェントルYAG(ヤグ)」の3種類だよ。

スポンサードリンク

医療脱毛の定番 ライトシェア・デュエット

メンズリゼでは、熱破壊式ダイオードレーザーと表記しています。

表面積が多い部位に使うレーザー その1

特徴&メリット

吸盤が吸い付くように機械が皮膚を吸い、その後にレーザーを照射する。

→ レーザーを閉じ込めた状態で照射できるため、毛に効果的に作用する。(レーザーが漏れると効果が薄い)

レーザーを照射する面積が大きい。

→ 時間が短くて済む。(ケノンやトリアと比べると1.5~2倍くらいのスピード差)

レーザー波長が810nmで、かなり波長が長い方。

→ 根深い毛も一網打尽にできる。

デメリット

毛深い所を照射するとそれなりに痛い。

→ カメくんは足を照射する際に痛みが大きく出て、以後足はメディオスターのみになった。(担当してもらった方に聞いた所、足が痛くて~というのはレアケースだそうです。)

医療脱毛の痛くない メディオスター

メンズリゼでは、蓄熱式ダイオードレーザーと表記しています。

表面積が多い部位に使うレーザー その2

特徴&メリット

レーザーが照射している部分で皮膚をなぞる方法。(大きめのペンで皮膚をなぞっているイメージ)

→ 照射のたびに止まらないので、時間が短くて済む。

蓄熱式である。

→ 痛くなりにくい。効果はしっかりでる。

810nmのレーザーと、940nmのレーザーの2種類を照射ができる、ダブルパルステクノロジー。

→ 「バルジ領域」「毛根領域」の両方にレーザーが届くため、効率良く脱毛で

デメリット

最新式のため、実績が少ない。

医療脱毛の最強レーザー ジェントルヤグ

メンズリゼでは、熱破壊式YAGレーザーと表記しています。

特徴&メリット

レーザーを照射する面積が狭い。

→ その分パワフル。脱毛力は最も高い。

レーザー照射時に「-26度」の冷却ガスが噴射される。

→ 痛みが軽減される。

これがあるため、かめくんは最も痛いと言われるヒゲの照射を楽にできました。

レーザー波長が1,064nm。

→ 根深い男性のヒゲにはこれ一択。

デメリット

痛い。

かめくん

・ジェントルヤグで「ヒゲ、男性器、Oライン」を

・ライトシェア・デュエットで「上半身、下半身、Vライン(下半身とVラインは1回きり)」を

・メディオスターで「下半身、Vライン」をやってもらいました。

うさぎくん
うさぎくん
クリニックの人が自分の毛質に合った機械を選んでくれるなら、何も考えなくてもいいんだね。
かめくん
かめくん
自分でレーザーの強弱を提案はできるよ!痛すぎたら弱くしてとか、早く毛が抜けて強くして欲しいから強くしてとか。

ただ、最終的にはクリニックの人の判断になるよ。

メンズリゼへゴリラクリニックへ

スポンサードリンク