【知っておきたい】家庭用脱毛器の使い方【トラブル防止】

スポンサードリンク

【知っておきたい】家庭用脱毛器の使い方【トラブル防止】

ここでは、どこを脱毛するときも共通の大事なことを記載しています。

毛を処理する。ただし抜いてはダメ

脱毛器を使う前に毛を処理する必要があります

毛を処理するときにお風呂に入ってしまうアナタ、体を温めてはいけません。

血流が活発な状態で毛根に高い熱量を与えることになり、炎症になりやすいからです。

お風呂で入ってから脱毛したい場合、寝る前にお風呂に入り毛を処理し、翌日の朝などに照射するのがオススメです。

なぜなら、寝ているときは毛が伸びないからですね。

でも、そこまで徹底しなくても、1,2日前に剃っていれば十分でもあります。

家庭用脱毛器の1つ、ケノンの場合は、数ミリ毛が生えている方が効きやすいという話もあります。

毛を処理するのにはカミソリがオススメ

カミソリがオススメな理由2つ
  • 残っている毛が長いほど照射時の痛みは強い。
    → カミソリはより深く毛を剃れるため、照射時に痛くなりにくい。
  • 残っている毛が長いほど、光を照射したときに寝ている毛が発熱して、肌をヤケドさせてしまうことがある。
    → カミソリはより深く毛を剃れるため、ヤケドしにくい。

※医療脱毛を受ける前にもカミソリで処理することを勧められます。

また、毛抜などで毛を抜いてはいけません。

脱毛器では、毛根部分に高い熱量を与えることで脱毛効果があらわれます。

毛を抜くと毛根も一緒になくなってしまうので、照射しても脱毛効果がなくなってしまいます。

脱毛器を準備して、照射したい所を冷やす。

ice脱毛器で照射する前には、照射する位置を冷やす必要があります。

冷やすのはなぜ?2つの理由
  • 冷やすことにより血流を抑えられ、炎症の防止になる。
  • 冷たい感覚は痛い感覚より優先して伝達されるため、痛みを感じにくくなる。

スーパーで売っている保冷剤を使えば十分ですが、保冷剤を使っていると、表面に水滴が出てきてぬぐうのが面倒です。

そこで、氷のうを使うのがオススメです。

いざ、ボタンを押して照射する。

脱毛したいところを冷やしたら、光が出る部分をピッタリ押し当ててボタンを押します。

そして、すぐ冷やします。

冷やす → 照射する → 冷やす → 照射する → 冷やす ・・・

と脱毛したいところを全部やり終えるまで繰り返します。

「あれ?今どこ照射したかな・・・」と位置がわからなくなってしまうことがあります。

防止するためには、事前に水性マーカーで肌に印をつけておくことがオススメです。

ボンレスハムの糸のように印をして、確認することにより、打ち漏らしが少なくなります。この方法は医療脱毛でも行われてます。

大事な大事な、アフターケア!炎症を予防しよう。

cream

アフターケアで必要なことは2つあります。

  1. 肌があたたまることをしない (激しい運動、飲酒など)
  2. 保湿する

激しい運動、飲酒などは、体があたたまると同時に血流がよくなって、刺激を受けた肌と毛穴がよりダメージを受けてしまいます。

また、照射により肌の水分が蒸発するため、化粧水などで冷やすと同時に保湿することがオススメです。

画像のクリームは、この記事を書いている人がメンズリゼでもらってきたクリームです。

医療脱毛クリニックだと、アフターケアとしてクリームを受け取れます。

保湿できるクリームなら何でも良いという話なので、クリニックでクリームを受け取らなくてもOKです。

使いやすい脱毛器ってなんなの?1番使いやすいのはケノン

ケノンが1番使いやすいです。

  1. 圧倒的コスパ。全身をキレイに脱毛しきるのはクリニックでは50万以上を考えたいが、ケノンは69,800円でほぼツルツルにできる。
  2. 他の機種と比べて痛みが少なく、照射範囲が広いため、時間的にも効率良く脱毛できる。
  3. カートリッジを交換できるため、いろいろな部位に合わせた照射ができる。

ケノンについて知りたい方は合わせて読んでみてください。

【メリット・デメリット】ケノン解説【コスパ最強】 ケノンってどんな脱毛器なの? ケノンは、ハンドピース(握る部分)・カートリッジ(肌に当てて照射する部分)・ディスプ...
うさぎくん
うさぎくん
冷やす → 照射する を繰り返せばいいんだね?冷やすのめんどいなぁ。
かめくん
かめくん
冷やさないと、痛かったり炎症がおこりやすかったりでいいことないよ。
スポンサードリンク